消防設備士 試験合格講座 申込は実績のある九州建設専門学院(福岡)で!

九州建設専門学院

消防設備士 試験合格講座

0120-09-7611
閉じる
消防設備士 合格講座
消防設備士とは
資料請求 講座申込

消防設備士とは  消防設備士とは総務省管轄の国家資格のひとつであり、安全確保の観点から、劇場、デパート、ホテル等の建物は、その用途、規模、収容人数に応じて屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備等の消防用設備等または特殊消防用設備等の設置が法律により義務付けられており、それらの工事、整備等を行うには、消防設備士の資格が必要です。免状により、甲種、乙種の消防設備士に大別され、工事・整備・点検のできる消防設備等の種類や範囲が異なります。

消防設備士免状の種類  消防設備士免状の種類と工事などのできる消防用設備等または特殊消防用設備等の種類は、下記の通りです。
甲種:特類
特殊消防用設備等(従来の消防用設備等に代わり、総務大臣が当該消防用設備等と同等以上の性能があると認定した設備等)
甲種又は乙種:第1類
屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備、パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備、共同住宅用スプリンクラー設備
甲種又は乙種:第2類
泡消火設備、パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備
甲種又は乙種:第3類
不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備、パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備
甲種又は乙種:第4類
自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備、共同住宅用自動火災報知設備、住戸用自動火災報知設備、特定小規模施設用自動火災報知設備、複合型居住施設用自動火災報知設備
甲種又は乙種:第5類
金属製避難はしご、救助袋、緩降機
乙種:第6類
消火器
乙種:第7類
漏電火災警報器

お知らせ

平成29年度 消防設備士試験 実施日程

平成29年度 消防設備士 試験実施日程は下記の(一財)消防試験研究センターのホームページでご覧いただけます。
www.shoubo-shiken.or.jp

講座メニュー

メリット1 メリット2 メリット3
本学院では「映像を見せるだけの通学コース」は道義上開設しておりません。
通学コースとは本来「講師の先生から直接授業を受けるコース」だからです。